2007年12月28日

古代のインプラント

古代のインプラントは、石や骨や貝殻を利用していました。硬くてなかなか割れないものがインプラントに実用されていましたが、麻酔などないため、手術でインプラントをはめ込むときの痛みは大変だったようです。
【関連する記事】
posted by inplant at 17:50| Comment(16) | TrackBack(0) | インプラントの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インプラントの歴史

紀元前550年前にトルコでインプラント行われていたようです。当時は金属ではなく、石製のインプラントでした。
その後、紀元600年頃のメキシコ南東部のマヤ文明において、インプラントが実用されていたようです。それは遺跡から発見された古代人の歯や歯茎の遺跡からわかっています。口腔内で実際に実用されていたようです。他には、インカ文明などで実用されていたこともわかっているようです。



posted by inplant at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | インプラントの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。